FUJIFILM

科学で肌を守る。

科学で肌を守る。

富士フイルムは、角層のセラミドと同じ分子構造を持つヒト型ナノセラミドを2種類開発。セラミドの配列を整え、角層のスキマを埋める技術を実用化しました。

セラミドの配列が崩れると肌は弱くなる。

セラミドは肌のいちばん外側にある角層の成分。数種類のセラミドが規則正しく並び、細胞間脂質のおよそ50%を構成しています。

そのセラミドは年齢とともに減少*し、40歳になると10代の肌に備わっていたセラミド量のおよそ40%が失われることが知られています。

セラミドが失われ、その配列が崩れると、角層にスキマが生じ、水分が蒸散。バリア機能が損なわれ、肌は外部からの刺激に弱くなります。

*ストレスや加齢などにより角層のセラミドが減少

image
image

セラミドの配列を規則正しく整えるヒト型ナノアシルセラミド。

富士フイルムは角層のセラミドと同じ分子構造を持つヒト型ナノセラミドを2種類開発しました。

ひとつは角層に水分を蓄えるヒト型ナノセラミド。もうひとつはセラミドの配列を整えるヒト型ナノアシルセラミド。

さらに富士フイルムはヒト型ナノアシルセラミドがセラミドの配列を規則正しく整えることを世界で初めて実証しました。

世界最小20nm 角層のスキマを埋めるWヒト型ナノセラミド技術。

肌本来のバリア機能を保つには、セラミドを整列させ角層のスキマを埋めることが大切です。

富士フイルムが開発した、ヒト型ナノセラミドとヒト型ナノアシルセラミド。世界最小*20nmに極小化された、ふたつのヒト型ナノセラミドが、角層に補充され浸透。水分を蓄え、角層のスキマを埋めます。

科学で、肌を守る。富士フイルムは、これまでにない視点で肌を見つめています。

*国内外論文、国内特許の自社調査結果。2019年10月1日現在。

image
pagetop