FUJIFILM

photo

ペット&FUJIFILM ペットを診る。

ペットは人間と違って、問診に答えることも、自分で症状を訴えることもできません。
だから検査が重要です。FUJIFILMはデジタルX線画像診断システム、 血液分析装置など人間と同じレベルの医療機器を提供。
もう一人の家族の健康のために、技術という名の愛情を注ぎたいFUJIFILMです。

1.ペット医療では検査がとても重要です。「ここが痛い」って、言えないから。

どこに病気があるのか?どこが痛むのか?
ペットの医療現場では、自分で医師に伝えられないペットたちの体内の異変を見つけるために、検査のクオリティーがとても重要だと言われています。
FUJIFILMは、最先端技術によって、体の状態を詳細に知り、スピーディーで適切な治療に貢献するさまざまな医療テクノロジーを提供しています。
photo
デジタルX線画像診断システム/X線画像(DOG)

2.ペットの健康状態をクッキリ写すのは、人間の医療でも普及しているデジタルX線画像システム。

FUJIFILMは、デジタルX線画像システム(FCR)をペット医療にも広げています。
微細な病変まで写すことができる高精細画像で、獣医師の診療をサポート。
お医者さんも、飼い主さんも「見て」わかりやすい診療を実現しました。

また、X線画像のデジタル化は、電子カルテとの連携や、医療画像のネットワーク化も可能であり、次世代の医療インフラとして期待されています。

人間のデジタルX線画像のお話(乳がんと戦う。)

3.血液検査ならば、結果がすぐわかる時代です。愛犬や愛猫も、検査を受ける時代です

血液検査に何時間もかかるようでは、病に倒れているペットが、かわいそうです。
FUJIFILMは、独自のドライケミストリー技術により、短時間で、血液検査ができる機器(富士ドライケム)をつくっています。
血液分析装置
photo

富士フイルムの事業領域:メディカルシステム・ライフサイエンス分野

pagetop