photo

液晶&FUJIFILM 液晶を光らせる。

液晶ディスプレイを美しく映すには光をまっすぐ通すフィルムが必要です。
FUJIFILMのTACフィルムは、それができる世界でも数少ないフィルム。
テレビ、パソコン、ケータイなど液晶画面を使った製品が身近になった時代を、画面の中からこっそり支えているFUJIFILMです。

1.液晶テレビ、パソコン、ケータイ、デジタルカメラ、カーナビ・・・ここにもここにもFUJIFILM!

21世紀に入ってからというもの、私たちの身の回りに、液晶ディスプレイ(フラットパネル・ディスプレイ)商品が急速に増えてきました。
薄くてキレイで大人気の、その液晶ディスプレイの中で、私たちFUJIFILMが、光と色をマネジメントしているのをご存知でしょうか。
多くの液晶製品に採用されている、FUJIFILMの液晶ディスプレイ用高機能フィルムが、液晶の世紀を支えています。
photo
FUJIFILMのTACフィルム

2.光をまっすぐ通す。その簡単なことが、世界的にむつかしい。FUJIFILMのTACフィルム。

液晶画面のバックライトが放つ光を、まっすぐ通すことができないと、美しい映像を映すことができません。
そのためには、限りなく透明で平滑な、光をまっすぐ通すフィルムが必要なのですが、それを生産できるのは、世界でもFUJIFILMを含めた数社だけです。

3.これが、液晶ディスプレイのパートナー。FUJIFILMの4枚のフィルム。

image
photo

4.太陽の下で、デジカメ画面が見やすいのも。運転席から、カーナビが見やすいのも。

屋外で使用するデジタルカメラ。窓の近くの液晶テレビやパソコン。
日差しの映り込みが気になるシーンはたくさんありますが、FUJIFILMは反射防止フィルム(CVフィルム)を開発して、それを解決。
また、視野角160度という、ななめから見ても美しい液晶画像を実現したのも、実は、実は、私たちの高機能フィルム(WVフィルム)なのです。

富士フイルムの事業領域:高機能性材料

pagetop