FUJIFILM

ディープ紫外線を遮断する。

ディープ紫外線を遮断する。

富士フイルムは、世界で初めてディープ紫外線から肌を守る紫外線防御剤「D-UVガード」を開発しました。肌の健康を損ねるディープ紫外線を90%以上カットすることができます。

* 2011年、化粧品用途の紫外線吸収剤として従来防げなかった長波側UVA(370~400nm)を90%以上カットすることに成功。

1.いつの間にか日焼けをするのはディープ紫外線が原因かも。

日焼けの原因となる紫外線は、波長によって分類されています。そのうち最も波長が長いものを富士フイルムでは「ディープ紫外線」と呼んでいます。
ディープ紫外線は、通常の紫外線ケアでブロックすることが難しく、日傘をさしていたり日影にいたりしても、いつの間にか日焼けをすることがあります。
photo
photo

2.世界で初めてディープ紫外線の可視化に成功。

富士フイルムは、独自の画像解析技術により、世界で初めて、ディープ紫外線の可視化に成功しました。
ディープ紫外線は、ガラスを透過し、クルマや建物のなかにまで入ってきます。肌の角層と表皮を越え、真皮にまで届き、真皮のコラーゲンにダメージを与えて、シミ、たるみ、肌のくすみの原因となります。

3.ディープ紫外線から肌を守る世界初の紫外線防御剤「D-UVガード」。

富士フイルムは、ディープ紫外線から肌を守るために、世界初の紫外線防御剤「D-UVガード」を開発しました。従来の紫外線防御剤は、紫外線吸収剤と紫外線をはね返す散乱剤を混ぜ合わせてつくられています。新開発のD-UVガードでは、紫外線吸収剤と散乱剤の分子を結合させ、粒子をハイブリッド化しました。これによりディープ紫外線を90%以上カットすることが可能になりました。

* 2011年、化粧品用途の紫外線吸収剤として従来防げなかった長波側UVA(370~400nm)を90%以上カットすることに成功。

光を解析する技術、コラーゲンを扱う技術、抗酸化技術、そしてナノ粒子を操る技術。写真の分野で鍛えられたテクノロジーが、富士フイルムの化粧品づくりを支えています。
photo
pagetop