FUJIFILM

磁気テープで残す。

磁気テープで残す。

FUJIFILMは、BaFe(バリウムフェライト)磁性体の研究を20年以上も続け、2014年5月、磁気テープにおける記録密度の世界記録を更新しました。データの記録密度は一般的なコンピュータ用磁気テープの62倍に達し、磁気テープに飛躍的な進化をもたらしました。

1.記録メディアに革命を起こす、BaFe磁性体。

FUJIFILMは、BaFe(バリウムフェライト)磁性体の実用化によって、磁気テープに新たな生命を吹き込みました。2012年、FUJIFILMが製品化したLTO6規格の磁気テープは、2.5TBもの記録容量があり、世界中の研究機関、行政、医療、金融などの分野で採用されました。 さらに2014年5月、世界記録を更新した記録密度は、従来の磁気テープの62倍に達し、製品化されると大人の手のひらほどの磁気テープ1巻に、約154TBものデータを記録できるようになります。CDなら20万枚、書籍なら1億5400万冊に相当するデータが入る計算です。
photo
photo

2.ナノの世界で超微粒子を扱う、FUJIFILMの技術。

記録密度が高く、データ記憶容量の大きな磁気テープをつくるためには、BaFe(バリウムフェライト)磁性体を超微粒子化し、ナノレベルで均一に塗布する技術が必要です。ナノの世界は100万分の1ミリの世界。超微粒子をナノレベルで均一に塗布する技術は、計算上、サッカーコート4面に1リットルの水を均一に撒くことに相当します。写真フィルムを進化させてきたFUJIFILMの技術がナノの世界で活きています。

3.ビッグデータの未来のために。

磁気テープはHDDのように常時電源を必要とせず、コストもCO2の排出量も大幅に削減できます。さらに30年間以上のデータ保存が可能で、スペースもコンパクトなうえ、管理も容易なことから、磁気テープは記録メディアの主流になりつつあります。
世界シェアトップ*のコンピュータ用磁気テープメーカー、FUJIFILM。思い出を写真というカタチで記録してきたFUJIFILMは、磁性体研究の最先端でビッグデータの未来を見つめています。*生産者シェア、当社調べ
photo
pagetop